睡眠薬の恐ろしさを理解したうえで服用すること!

不眠症の治療のために、心療内科や精神病院、クリニックなどに行くと、必ずといってもいいほど、睡眠導入剤を処方されるでしょう。

11

私も以前、適応障害と診断され、心療内科や精神病院で治療してもらいましたが、どこへ行ってもまず薬をもらいます。それは、医学的に不眠症は薬で治療することができるからなのでしょう。

確かに、睡眠導入剤は眠りを助ける役割があるので、どうしても眠れない時には活用しても良いかもしれません。しかし、薬にばかり頼っていても決して良いとは言えません。

睡眠導入剤にも種類がたくさんある

主な睡眠導入剤には『ハルシオン』『マイスリー』『アサシオン』『ハルラック』『ネスゲン』『アモバン』『メトローム』『デパス』など様々な種類が挙げられます。睡眠導入剤は4つの効果に分類されます。
即効作用が期待できる超短時間型

摂取後1時間程度で眠りに入り、2~4時間の作用があります。なかなか寝付けない人におススメです。また、作用時間が短いため、翌朝まで薬の作用を持ち越すことがありません。

 持ち越し作用…起床後のふらつきや、倦怠感など体が不安定な状態のことです。

ちょうどいい眠り!?短時間型

睡眠中の作用時間が5~10時間で、超短時間型と比べると長くなります。夜中に何度も目が覚める人におススメです。

朝起きることが辛くなる中間型

睡眠中の作用時間が20時間以上あるものです。早朝目が覚めてしまう人におススメです。作用時間が長いため、翌朝まで持ち越し作用が残ることもあります。

重い不眠症患者は長時間型

起床後も薬の作用が長時間残ってしまうものです。睡眠導入剤のなかでもかなり強い効果があります。うつ病や統合失調症などの患者に処方されることが多いでしょう。

睡眠導入剤は副作用が怖い

病院で薬を処方されても、その人の体質によって効果はマチマチです。薬のおかげでよく眠れたは良いが、そのほかの副作用が生じることも考えなければいけません。
  • 起床後の頭痛、めまい、倦怠感
  • 筋肉に力が入らず転倒、ろれつが回らない
  • 薬の服用後から眠りにつくまでの記憶がなくなる
睡眠導入剤にはこのような副作用が心配されています。薬はその場しのぎに過ぎず、根本の治療には結びつきません。あまりに眠れない日々が続いた時にだけ使用し、依存しないように気をつけなければいけません。