幸せ気分を味わえる香りで不眠症もスッキリ解消

人がリラックスできる空間とは、静かで落ち着いた雰囲気と、そして香りも重要になります。良い香りを嗅ぐと幸せな気分になるように、不眠症を改善できる香りもあるのです。

9

キャンドルやアロマ、芳香剤、お香など、部屋で香りを楽しむことがブームになりましたよね。
香りは人間の持つ治癒力や集中力、免疫力を高めてくれると、医学的にも認められており、治療の一環として行われることもあります。

確かに、木や花の香りには気持ちが癒されますよね。

なかでもアロマテラピーは、初心者でも気軽に始めることができるため、若者から年配まで大人気のアイテムです。香りの種類にもよって心身への効果が異なり、精神安定や血圧降下、利尿、疲労回復など様々です。

不眠症患者にはラベンダーの香りが効果的

9-2

ラベンダーは淡い紫色が特徴のシソ科の植物です。フローラルでほのかに木の香りが幅広い年代の人に人気があります。鎮静効果や疲労回復、中枢神経のバランスを整える働きがあり、心身をリラックスさせてくれます。
就寝前のリラックスタイムを作る

不眠症の人は特に、何も考えず心身をリラックスする時間を作ることが大切です。特に、入浴時の利用は効果的です。ぬるめのお湯にラベンダーの精油を5滴ほど入れます。目を閉じてゆっくりした呼吸を行うようにしましょう。1日の疲労や緊張がほぐれ、深い眠りに入ることができます。

アロマポットを利用する

市販のアロマポットに2~3滴ラベンダーの精油を入れます。就寝1時間前から寝室で香りをかいでいると、自然と心身がリラックスしてきます。マージョラムを1~2滴入れてブレンドするとよりリラックス効果が増すでしょう。

柑橘系の香りにも効果あり
ラベンダーやカモミールなどフローラル系の香りが苦手な人は、サッパリした柑橘系のアロマをおススメします。馴染みのあるオレンジ・スイートの香りです。サッパリした中にもほんのり甘い香りもするので、安らぎと元気を与えてくれるような香りです。

 ネロリは柑橘系とフローラル系の両方の特徴がある香りです。落ち込んだ気持ちや疲労を摂り除くのにピッタリでしょう。