不眠症患者とアルコールの正しい付き合い方

不眠症とアルコールはどんな関係があるのでしょう?

6

なかなか睡眠に入れないとき、アルコールの力を借りる人が多いのではないでしょうか。

確かに、アルコールを摂取してしばらくすると睡魔が襲ってきたり、よく眠れるようになった経験をお持ちかもしれません。なかには、不眠症の人が睡眠導入剤の代わりにビールや酒を摂取することもあります。

しかし、良かれと思って飲んでいたアルコールは逆効果になる恐れもあります。

アルコールの量によって不眠症が悪化する

確かに、少量の飲酒は睡眠を促進する良い薬となります。しかし、調子に乗ってどんどん飲み進めてしまうと逆効果を生むことになります。

脳が麻痺する!?

本来睡眠とは、脳が休息状態にあるのが理想的です。しかし、過度な飲酒は脳の中枢神経を麻痺させてしまい、脳を適切に休息させる働きが鈍くなってしまうのです。また、正しい睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の繰り返しで成り立っていますが、多量の飲酒はレム睡眠を抑制してしまうため、睡眠バランスを崩してしまいます。

その結果、眠りを促進するどころか、不眠を悪化させてしまうのです。

アルコール依存症にもなり得る

飲酒が睡眠に良いと思い、続けているうちにアルコール依存症に陥ることもあります。飲酒が毎晩の習慣となってしまうと、アルコールなしでは眠れなくなったり、夜中に何度も目が覚めるなど悪影響になります。

このような人は、やはりアルコールの量が多いことで起こるので、少しずつ量を減らす努力をしましょう。

睡眠を助けるための正しい飲酒

6-2

正しい飲酒の方法を身につけることが、不眠症を改善するための近道になります。寝る直前に飲酒をする人もいると思いますが、その行為はNGです。眠りにつく3時間前までに飲み終えるのがベストなんです。
実際どれくらい飲んでも大丈夫なの?
飲む量としては体重60~70㎏の人でビール中瓶1本、日本酒1合、ウイスキーはダブル1杯、缶チューハイ1~2缶、ワインはグラス2杯が目安になりますので、覚えておきましょう。