睡眠環境つくりには快眠アイテムが必須

毎日必ず行わなければいけない睡眠だからこそ、快適な環境である必要があります。眠れない時にこそ活躍するのが、快眠アイテムです。

5

皆さんは自分が快適な睡眠ができていると思いますか?

仕事や家庭などのストレスや騒音により、睡眠が妨げられている人が多いのではないでしょうか。また、自分に合わない寝具を使用することで、さらに不眠症の症状が悪化すると言われています。

寝具を見直すこと!
そして、快適な睡眠を得るためのアイテムを上手に使用することが不眠症は改善へと向かうことでしょう。

安眠できる枕&マットレスを見つけよう

 睡眠は1日の3分の1という時間を費やすほどです。しかし、枕やマットレスが悪いとその睡眠時間は全く意味がなくなり、逆に疲労を溜めてしまう原因にもなります。

寝具選びのポイント

不眠症の症状がある人は、まず寝具選びから気をつけましょう。ポイントとなる点は『自分の身体に合ったもの』を探すことです。横になった時に『立ったときの姿勢』と同じであることが大切です。枕の場合はその高さが鍵となります。痩せ気味の人は約3㎝、標準体型の人は約4㎝、体格の良い人は約5㎝の高さの枕を選ぶといいでしょう。マットレスは枕に合わせて選ぶことをおススメします。

好みの柔らかさなど、こだわりがあると思いますが、枕もマットレスも柔らかすぎないことがポイントになります。

安眠を引き寄せるアイテム

冬の寒い季節には湯たんぽや乾燥機で布団の中を温めると、気持ちよく睡眠に入れます。また、川のせせらぎの音楽やオルゴールなどを就寝前に聴いたり、アロマを部屋でたいて、心身をリラックスさせるのも◎。五感を働かせて穏やかな気分になれるものならどんなものでもかまいません。

快適な空間を作るためのアイテム

外から聞こえる車の音や通行人の声、隣の部屋から聞こえてくる話声が気になって眠れない時は『耳栓』が活躍します。外から入ってくる光が気になって眠れない時は『アイマスク』を使うと良いでしょう。これらは100円均一でも販売されていて、最も気軽に使用できるアイテムです。
ほかにも、キャンドルやサプリメント、『安眠ツボ』が刺激されるシールなどもあります。これらのアイテムを使って不眠症を改善してはいかがでしょうか?食べ物として摂取するのが難しい場合は、サプリメントを代用することをおススメします。