良い眠りのための食事を見直す

不眠症を改善する方法は様々なものがあります。しかし、自分に合った方法を行わなければ意味がありません。ここで紹介する『不眠症改善食材』も同じことがいえるでしょう。

3

適度な有酸素運動や入浴、アロマ、マッサージなどは不眠症の代表的な改善方法です。しかし、冷え性や便秘など身体の内側から改善していくことが大切なように、不眠症も体内環境を整えることが重要になってきます。

 体内環境で最も大切なのが、3大欲求のひとつでもある食事です。
栄養バランスが整った食事を心掛けることが大切ですが、不眠症に効果的な食材を知るとより早期改善が望めるでしょう。

自立神経のバランスを整える食材

カルシウムは精神安定剤

牛乳やチーズなどの乳製品、小魚、アーモンド、ゴマ、海藻などが代表的な食材です。カルシウムは骨の成長だけでなく、気持ちを落ち着かせる鎮静作用のような効果があります。特に摂取しやすい牛乳は、就寝前に温めて飲むと深い眠りに入りやすくなります。

バナナと牛乳の最強組み合わせ

バナナにはビタミンやミネラル、食物繊維など優れた栄養素がたっぷり含まれています。ホルモンバランスを整えて神経の高ぶりをおさめてくれる役割もあるため、牛乳とミキサーで混ぜ合わせてジュースにすると、より質の高い眠りに入れるでしょう。

健康食品の代表的存在『にんにく』

にんにくに含まれているスコルジンという栄養素が、食欲不振や疲労回復に効果的だと言われています。また、身体を温める作用もあるので就寝1~2時間前に摂取するといいでしょう。

 どうしても独特な匂いが気になる人は、にんにく成分の入ったサプリメントを服用したり、牛乳を一緒に飲むと匂いを消すことができます。

3-2

シソの香りでリラックス

風味豊かなシソはリラックス効果のある食材です。調理方法は天ぷらくらいですが、粉末状にして様々な料理の隠し味に利用したり、シソジュースにして就寝前に飲むのも効果的です。

シソの香りのする入浴剤やアロマなども脳に休息を与える効果があるので、是非試してみてはどうでしょう。