10代や高校生でもでもシミの魔の手は近くにいる!

「シミは加齢とともに現れてくるもの」と思って甘くみていてはいけません。10代でもシミが現れてくる場合があるのです。肌に合わせたシミ取りクリームを購入して早目の対策を!

10代~20代のためのシミ取りクリームランキング

 ビューティー&ヘルスケアOnline【アスタリフトホワイト】
『シミの元に届く、働く』美白ケアで透明感あふれる肌へ。さらに!ハリ・うるおいもキープ♪
アスタリフトホワイト

 今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白
確かな手ごたえはもちろんのこと、毎日のお手入れが楽しみになるラグジュアリー感あふれるテクスチャーや香りにもこだわった女性ならではの感性をプラスしたコスメです。

 b.glen(ビーグレン)QuSome
シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!シミ対策におすすめ!

美白ケア(trial)

以上の3点が高校生のシミ対策におすすめです。

シミの原因と対策

シミの元であるメラニンが皮膚に蓄積されて、表面に浮き出てくるタイミングは人それぞれ違います。

一般的に『お肌の曲がり角』と言われる25歳以降にシミが目立ち始める人もいれば、50歳までシミがない美しい肌の人まで様々。なかには高校生からシミの悩みを抱えている人もいます。10代の一番肌が若々しい時期は、シミトラブルなんて考えたくもないと思います。

それでは何故、若くしてシミが浮きでてしまうのでしょうか?

環境によって左右される若い肌

・強い紫外線を浴び続けること

多くの原因は部活動にあります。中学~高校まで屋外での部活動を行ってきた人は、一般の人よりたくさんの紫外線で肌にダメージを与えています。日焼け止めを塗っていたとしても汗ですぐに落ちてしまい、塗り直すタイミングもないでしょう。

このような生活を毎日、何年も続けていると、高校生でもシミとなって現れてくる場合があります。

18-2
・メイクをしていること

最近は小学生でもメイクをしているほど、女の子は見た目に気をつかうようになりました。ファンデーションやアイメイクも上手にするものです。

しかし、メイクや刺激の強いクレンジングで肌をこすり続けていると色素沈着を起こしてしまい、それがシミとなって肌に定着してしまいます。シミを隠すためにさらに濃くファンデーションを塗ると悪循環に陥ることでしょう。

遺伝による場合もある
両親や身内がシミのできやすい体質なら、子供に遺伝する可能性が高いと言われています。シミが出来やすい人は特に紫外線対策を気をつける必要があります。

若いうちからのシミ対策は当たり前

日焼け止めクリームを小まめに塗り直すことを心掛けましょう。また、出来てしまったシミは早い段階でケアをするように。ハイドロキノンやビタミンC誘導体などの美白成分が配合されたスキンケアを使用したり、野菜や果物などを積極的に摂取したり、大人が行っているシミ対策と同じようにケアを行うことが大切です。

 サプリメントや薬などは15歳未満には刺激が強すぎる場合があるので、注意書きや医師と相談するようにしましょう。