目を守ることが美白への第一歩

『目』から紫外線を受けたことによって、肌はシミを作ってしまうのです。それだけ人の体は繊細で敏感に作られているようです。

17-1

肌が紫外線を受けることで発症するだけがシミの原因だと思っていませんか?もちろん、日焼け止めや日傘、ロング手袋などで肌を守ることは大切ですが、『目』からも紫外線は侵入してくることが、ある実験で確認されました。

しかし、「目にシミができる!?」というわけではありません。
目から入った紫外線が原因で肌にシミができてしまうんです。

目から浴びた紫外線でシミができるメカニズム

日差しから肌を守るための瞳

目の色と肌の色は比例していることをご存じでしょうか?ヨーロッパなどの日差しが弱い国の人は、肌が白く瞳も青色や緑色など薄い色をしています。それに対してアフリカなどの日差しが強い国の人は、黒い肌で瞳も暗い色をしています。強い紫外線から肌を守るために、肌や瞳の色が濃くなっているのです。

目からの刺激が脳に伝達される

肌から受ける紫外線だけがメラニンを生成するわけではありません。紫外線を目から浴びてしまうと、「メラニンを作りなさい!」と脳が肌へ指令を出します。春~秋までの紫外線量は特に多いため、日焼け対策を万全に行っていたとしても、目が無防備な状態だとシミがどんどん作られてしまいます。

目のUVカットグッズを日頃から使用する

17-2

・薄い色のサングラス

濃いタイプのサングラスは瞳孔が開いてしまい、紫外線が吸収されるので逆効果。UVカット加工が施されている薄い色のサングラスを使うのがベストです。UVカット加工がされたものなら、透明なサングラスでも伊達メガネでもかまいません。

・UVカットの効果があるコンタクトレンズ

最近では瞳を守るためにUVカット加工がされているコンタクトレンズも人気があります。コンタクトレンズを使用している人は、是非こちらに乗り換えることをおススメします。

・美白効果がある目薬

目薬に硫酸亜鉛が配合されていることがポイントです。硫酸亜鉛は、目から受けてしまった紫外線により生成されるメラニンの量を抑制する役割をもっています。

目の紫外線対策だけでもこれだけのケアができます。シミのない美肌を目指す人は是非行ってほしいものです。