シミ隠し最強のアイテムは化粧にあり!

スキンケアや食べ物によるシミの改善は時間が確かに時間がかかります。しかし、シミ肌をさらけ出したまま外出もしたくないですよね。そんな時シミ隠しのメイクは特に役立ちます。

16-1

 『第一印象は3秒で決まる』というフレーズをご存じでしょうか?
表情や態度、声のトーンなど、一言「初めまして!」とあいさつをした瞬間に決まってしまいます。

それは肌の状態も同じです。シミや肌荒れのない美しい肌を持つ人は3秒で「清潔感のある人」と好印象を与えることができます。シミが顔中にあるとどうでしょう?

シミは食べ物やスキンケア、レーザーなどで薄くすることができますが、メイクでもシミを目立たなくすることが可能です。メイクの場合は『消す』というより『一時的に隠す』という表現のほうが適切ですね。
 

頑固なシミを隠す最強アイテムは以下になります。

  • コンシーラー
  • パウダーファンデーション
 

コンシーラーでシミを隠す

16-2

化粧下地を顔全体に塗ったあと、ファンデーションより先にコンシーラーをシミに塗っていきます。
 コンシーラーの色は肌と同じ色かワントーン暗い色を使用します。

シミだけにつけないこと!

ピンポイントにシミだけにコンシーラーをつけるのではなく、シミ周辺半径1~2㎝の範囲で塗るようにしましょう。

伸ばすのではなく叩く

コンシーラーは、リキッドファンデーションとは違い伸びにくいという特徴があります。無理に伸ばすとシワや肌ヨレの原因にもなるので、指で軽くたたくように肌に馴染ませるのがコツです。

ファンデーションで整える
コンシーラーの上からファンデーションを乗せます。その時、コンシーラーが付いている部分との境目を自然にみせるために、境目は少し厚塗りをして下さい。
チークを上手に活用する

チークをシミ部分のコンシーラーに乗せることで、時間が経って化粧が崩れてきてもシミが浮き上がってこなくなります。薄塗りで自然につけるようにしましょう。

パウダーファンデーションでシミを隠す

BBクリームでベースを作ります。そして仕上げにパウダーファンデーションをシミなど気になる部分に塗っていきましょう。シミとその周辺1~2㎝にトントンと筆でパウダーファンデーションをつけ、最後に顔全体に薄く伸ばしていきます。

 パウダーファンデーションは化粧崩れが起きにくく、自然にシミを隠すことができるのでおススメです。