美肌に効果的な入浴スタイル

お風呂に実際に入る場面にて活用出来る、美肌になるための方法もあります。お風呂に何も考えずに入って、何も考えずに出てしまっては、お肌に良い効果をもたらしてくれるとは限りません。

せっかくお風呂に入る時に美肌になれる方法があるとしたら、みすみす見逃してしまっているのと同じ状況になってしまいます。そこで、注目していただきたいのが、お湯の温度と入浴時間の長さです。まずは、そちらに注目しましょう。

42度から43度で5分間を目安に

33
 お肌に良いとされるお風呂のお湯の温度は、“42度から43度”です。温度としては、かなり高いと感じる方もいるでしょう。しかし、そちらが効果的なので、是非チェックしてください。

温度を高くするということに、もちろん意味合いがあります。身体に発汗を促すからです。お風呂に入ってもぬるま湯でしたら、いつまでたっても体は温まらず、それでは意味がなくなってしまうでしょう。一気に高い温度まで上げまして、体を温めることで汗をかくわけです。

 また、入っている時間も重要です。42度から43度という温度は、かなり熱いです。そのようなお風呂に長時間入るのは危険ですので、短めに切り上げる必要があります。お勧めの時間の長さは、“5分程度”です。それ以上入ると危険ですので、そのくらいの時間で切り上げましょう。5分でもしっかりと体は温まるものです。

肩までしっかりと湯船につかる

入浴スタイルとしては、湯船をどのあたりまで持ってくるのかということが大切です。半身浴が良いという話もありますが、美肌のためには出来れば肩までしっかりとつかると良いです。

肩までつかることで、全身をまんべんなく温めます。もちろん時間的に短時間ですので、身体への負担は気にすることはありません。短時間に効率的に体を温め発汗をして、お肌の代謝をアップすることが可能になります。

 ちなみに、汗がたくさん出ることになりますが、汗とともに老廃物も体外へ排出されます。老廃物は、体内にあるとお肌に悪さをしてしまうこともありますので、美肌のためにもしっかりと排出することが肝心です。