紫外線を効率良くカットしてシミを撃退

シミの主な原因と言われている『紫外線』は夏以外でも毎日地上に降り注いでいます。正しい紫外線対策ができればシミができない美白をキープできるでしょう。

10-1

 

以下の点を押さえると、いつもの倍は紫外線をカットすることができるでしょう。

  • 紫外線が多い時期・時間・場所を把握する
  • 日焼け止めの使い分けをする
  • 衣服やグッズを工夫して活用する
 
紫外線を浴びると皮膚にあるメラノサイトという細胞が活発になり、メラニンという色素を作りだします。本来、メラニンの役割は紫外線から皮膚を守るためにありますが、増えすぎるとメラニン色素が表皮に蓄積されシミになってしまいます。

紫外線対策のポイントを抑えていれば、シミの大きな原因を予防できたようなものです。

紫外線が多い時期・時間を把握する

冬に紫外線は存在しないと思っていると大失敗をしてしまいます。紫外線は1年中降り注いでいます。そのため、日焼け止めも1年中通して塗るようにしましょう。また、特に4~9月の午前11時~午後3時頃は紫外線が強いので、帽子やサングラスなどで厳重に対策をとると確実です。

どこにいても紫外線を浴びる可能性がある

室内や車内に入ったとしても、完全に紫外線から逃れられたとは言えません。窓や扉から紫外線が入り込んでくるのです。そのため、1日中家の中で過ごしても日焼け止めを塗っていなければ、シミを作ってしまう可能性があるというワケです。

日焼け止めの使い分けも大切

日焼け止めに書かれているSPFやPAなどをご存じでしょうか。SPFは紫外線を浴びてから皮膚が赤くなるのを防ぐこと、PAは皮膚が黒くなるのを防ぐことです。例えば、家で洗濯物を干したり、買い物に行ったりするくらいならSPF15PA++程度のものがおススメです。また長時間の外出やアウトドアスポーツなど、紫外線を直接長時間浴びてしまう場合はSPF30PA+++のものを使いましょう。SPF値とPA値は高いほど、より紫外線をカットしてくれるのです。

10-2

衣服や日焼けグッズを適度に活用する

外出する際は、日焼け止めを塗ることはもちろん、その上から長めの手袋や薄手のカーディガンを羽織るとより効果的です。首の後ろはガードが甘くなりがちなので気をつけましょう。