シミ消しにはレーザーという方法も…

シミに効果的な方法は様々です。お金を使いたくない人は、普段の食事に気をつければいいでしょう。また、お金がかかってもかまわない人は皮膚科などで行われているレーザーや光治療がおススメです。

8

できてしまったシミを消すためにできるケアといえば『美白スキンケア』でシミを薄くすることです。しかし、濃くなってしまったシミにはスキンケアだけでは効かなくなってきます。そこで活躍するのがレーザー治療という方法です。

シミの元から焼き取ることが目的

レーザーの熱をシミ部分に照射することで、シミの元であるメラニンを分解することができます。

レーザーを照射したとき、個人差はありますがバシッと多少の痛みを伴うこともあります。照射した部分は軽度の火傷を負った状態になるので、数日間はかさぶたができます。かさぶたが自然に剥がれ落ちればシミの撃退完了になります。

レーザー治療にかかる費用は?

シミの治療は保険適応外になります。そのため、クリニックやシミの大きさによって差があります。

例えば、直径1mmのシミで1050円のクリニックや直径1mmでも1万円以上かかるクリニックもあります。また、1ショット2100円など照射する回数で費用が異なる場合もあります。

レーザー治療で注意すること

・かさぶたができた時、自然に剥がれるのを待ちましょう。くれぐれも新しい皮膚ができる前に剥がさないように。

・治療したシミは紫外線に当たらないようにしましょう。もし、紫外線が当たってしまうと色素沈着する場合があります。

光治療という選択肢もある

深い部分まで根付いてしまったシミにはレーザー治療がよいのですが、浅い部分にできるシミには光治療(フォトフェイシャル)が効果的です。熱でシミを焼き切るレーザー治療とは異なり、光を照射してシミを撃退します。シミの種類によってどちらを選ぶかは専門医と相談して決めるようにしましょう。

 レーザー治療や光治療ともに、シミが完全に消えるには時間がかかります。1回で完治することもありますが、時間がかかることを覚悟しておきましょう。

特に若いころからの積み重ねでできたシミは、メラニンがより深い部分にあるので時間がかかります。長い目でゆっくり治療と向き合うようにしましょう。