室内でも熱中症になる?!水の上手な取り方

毎年、夏が近づいて来る6月くらいから、熱中症によって倒れてしまう方がニュースでも話題に上っていますよね。

15気温が高い季節は要注意!熱中症対策に飲む水の選び方

熱中症は屋外だけで起きるものと思っている方も多いのですが、実は室内でも気温が高い場所では十分起こり得るものです。そこで、熱中症予防のための水の選び方をご紹介したいと思います。

 水分補給はミネラル分が重要

熱中症を予防するためには、真水だけでは十分な水分補給ができません。体の水分量を保つためには、「ナトリウム」などのミネラル分が必要となります。「塩分」を一緒に摂取することが良いと言われています。

ですが、仕事中に飲み物を飲むことが出来ても、塩や塩飴など食べ物を口にすることができないという方もいますよね。
省エネが推奨される世の中ですから、例えオフィス内で仕事をしている方でも熱中症にならないとは限りません。水分だけはしっかりと補わなければなりません。

 熱中症対策におすすめの水

熱中症対策のお水としておススメなのが、「熱中症対策水」や「ミネラルウォーター」です。

熱中症対策水は、その名の通り熱中症対策用に作られた水です。熱中症対策水には、ミネラルバランスを整えた水のため、体の中の水分に近い成分で出来ています。そして、ミネラルウォーターにもナトリウムやマグネシウムなどのミネラル分が含まれていますから、熱中症予防の飲料水として非常に役立ちます。

スポーツドリンクと違って、カロリーや糖質が気になる方でも安心して飲むことができます。しかしながら、屋外で長時間過ごすような時には併用して飲むことをおすすめします。