日差しが弱い冬でも油断は禁物!

夏は紫外線が強く、外出する際は必ず日焼け対策をして行く人がほとんどです。また、春も強烈な紫外線が降り注いでいるため、日焼け対策をする人も多いでしょう。そして、冬でもしっかり日焼け対策をすることが肝心です。

5-1

冬は日焼けをするイメージはありませんよね。
日差しも弱くなり、露出が少ないので日焼け止めを塗る人は少ないのではないでしょうか。
しかし、それこそが落とし穴なんです。

弱い冬の紫外線を見くびるな!

春や夏と冬の紫外線の強さと比べると3分の1程度にまで下がります。しかし、長時間紫外線を浴びていると、春夏と同様の紫外線量を受けていることになります。紫外線の影響は、紫外線の強さより、どれくらいの時間、紫外線を浴びていたかによって左右されます。長時間日焼け止めも塗らずに外出していると、シミが作られる危険性があるというわけなんです。

シミができるかできないか!冬が勝負どころ

5-2

春夏に浴びてしまった紫外線はシミの原因になります。しかし、すぐにシミとなって現れるのではなく、翌年~数年かかって表面化することもあります。紫外線の影響が少ない冬にこそ、シミを表面化しないように対策を考えることが重要です。表面化してしまうと、一度治ったとしても、再発する可能性が高いため、表面化する前に食い止める必要があります。
保湿がすべての鍵になる

シミの元となるメラニンの蓄積を防ぐために重要なのが保湿です。肌に潤いが欠けると、肌のターンオーバーが正常に働かず、メラニンを外に排出することができなくなります。空気が乾燥しがちな冬は保湿を重視して、ターンオーバーを正常に保つことが大切なんです。

 肌が乾燥してしまうと様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなります。シミはもちろん、シワやニキビ、肌荒れなどを招いてしまいます。冬の保湿はこれらの肌トラブルを撃退するためにも効果的です。

とろみがあり保湿力に優れた化粧水を使ってから、美容液、乳液を使用すると肌の乾燥を防ぐことができるでしょう。