体の内側からシミを消し去る栄養素

できてしまったシミに効果的なのは、美白スキンケアやレーザー治療です。また、シミができるのを予防するためにはUVケアなどがあります。

3-1

 

シミに良いといわれているアイテムは『食べ物』にもあります。体の各機能を正常に保つ役割がある『食べ物』が、肌の状態も左右するので覚えておきましょう。

  • ビタミンCを多く含む食べ物の摂取
  • 美肌成分のある食べ物をバランスよく食べること
 

ビタミンCを多く含む食べ物

3-2

ビタミンCは美白成分として有名ですよね。果物や野菜に多く含まれ、シミの元であるメラニン色素が肌に沈着するのを予防したり、できてしまったシミを薄くする効果も得られます。
野菜や果物はビタミンCが豊富

レモン、イチゴ、グレープフルーツ、ブドウ、アセロラ、柿、じゃがいも、トマト、ピーマン、ホウレンソウ、玉ねぎ、かぼちゃ、ブロッコリー…などなど。毎日少しでも食べるようにしましょう。

・そのほかの食べ物
シジミ、レバー、牛乳、梅、ワカメ、ナッツ類、納豆、豆腐…

ビタミンCは食べ物として摂取するのが当たり前です。よく、ビタミンC誘導体が配合された美白スキンケアが売られていますが、『食べ物に勝るものなし』です。外側からより内側からのケアがより効果的といえるでしょう。

調理方法には十分注意!
ビタミンCは熱に弱いため、加熱調理するとビタミンCが破壊されてしまう可能性があります。野菜はできるだけ生の状態で食べることをおススメします。

美肌成分のある食べ物をバランスよく食べる

抗酸化作用があるポリフェノール

肌荒れやシミを抑えるだけでなく、便秘の解消や肥満予防にもなります。ココアやブルーベリー、緑茶、大豆などが代表的です。

コラーゲンはシミにも効果的!

ハリと弾力を与えてくれるコラーゲンはシミ対策にも重要な存在です。コラーゲンを補うと肌のターンオーバーのサイクルが正常化され、シミの原因となるメラニンをアカとして外に排出してくれるからです。コラーゲンが多く含まれる食べ物には、牛すじやスッポン、鶏皮などが挙げられます。

オメガ3脂肪酸の力とは

体内でコラーゲンとエラスチンの生成を促し、肌の新陳代謝を高めたり、皮膚の炎症を抑える効果があります。特に、マグロやイワシなどの魚やホウレンソウなどに多く含まれています。