シミを効率良くケアする方法

自分のシミと他人のシミをじっくり見比べてみると、色や大きさ、形が微妙に違うことに気づくでしょう。どのシミもメラニン色素の沈着によって起こるのですが、メラニン色素ができる原因は様々です。

2-1

シミの種類が異なるとそれに合ったケア方法も異なります。

正しいケアが重要
間違ったケア法を続けてしまうと、かえってシミを悪化させてしまいます。自分のシミの種類を理解して正しいケアを覚える必要があります。

シミのない美肌を目指すセルフケア

肝斑(かんぱん)

主に女性ホルモンのバランスが崩れたことで発症した肝斑には、規則正しい生活やバランスを考慮された食事が有効です。例えば、しっかり睡眠をとったり、ビタミンCやビタミンE,ミネラルなどの美肌成分が多く含まれている食品を摂るのも良いでしょう。

 摩擦により色が濃くなる恐れがあるので、スキンケアやタオルを使用する際も『肌に優しく』を心掛けましょう。

老人性色素斑

とにかく紫外線対策をすることです。まだ出来て間もない薄いシミには美白スキンケアで消すことも可能ですが、皮膚に定着した濃くなったシミには効果は見られないでしょう。そのため、老人性色素斑を『増やさない』ことが鍵となります。外出時には必ずUVケアをし、できるだけ日焼けをしないようにしましょう。

 どうしても濃いシミを除去したい場合は、レーザー治療が有効的です。

雀卵斑(そばかす)

遺伝的な要因が強いため、美白スキンケアではそれほど効果は見られないでしょう。レーザー治療で除去することもできますが、紫外線を浴びると再発しることもあるので、UV対策を忘れないようにしましょう。

摩擦黒皮症

強くこすり過ぎることでできるシミなので、日ごろから肌への刺激がないように過ごすことが大切です。クレンジングや洗顔、タオルドライをする時は気をつけたい所です。また、ゴワゴワした素材のタオルや衣服も危険信号です。使い方や使うものに気をつけていると安心です。

2-2

多くのシミの場合、レーザー治療で除去することができます。しかし、レーザー治療をしたからといって気にせず紫外線に当たっていると再発する確率もあります。再発、増殖を予防するためにも、UVケアや美白スキンケアは怠らないようにしましょう。