水を使ったテルマ美容って?やり方と効果を紹介

バスタイムは汚れた体を洗う時間ではなく、キレイを目指せるビューティータイムの時間でもあります。そこで、美容家の小林ひろみさんも実践している「テルマ美容法」をご紹介したいと思います。

2バスタイムに水を取り入れるテルマ美容のやり方

テルマ美容とは?

お風呂が美容に良い場所と言われている理由は、発汗や血行促進を促すことができる場所だからです。テルマ美容とは、お風呂のバスタイムに「水」を取り入れた美容法のことで、入浴中に失われる体の水分を考えて、水分バランスを保ちながら健康的に美容効果を得る方法です。

人間の体は、ほとんどが水分で出来ていますが、発汗によって失われた水分を補給してあげることが大切です。

テルマ美容を行うことで、透明感とみずみずしいハリのあるお肌を手に入れることができるため、バスタイムを有効活用してキレイに磨きをかけていきましょう。

テルマ美容のやり方

 入浴前にコップ1杯のお水を飲みます。
 無理なく血行促進を促すために「37度~38度程度」のお湯にゆっくりと浸かります。
 半身浴でお風呂に浸かりながら、しっかりと水分補給をして発汗を促すようにしていきます。
 お風呂上りにもお水を飲み、バスタイム中にペットボトル1本分を目安に摂取するようにしましょう。

テルマ美容の注意点
のぼせを感じた時には、無理をせず湯船から外に出るようにして下さい。それから、入浴中や体を洗う時には、リンパの流れに沿って優しくお肌をマッサージすることで、デトックス効果を高めることができます。