シミの種類を知って知識を増やそう

肌トラブルの代表といっても過言ではない『シミ』。夏になると特にシミ対策を気にする女性が多いように思います。
しかし、シミには茶色いものや黒いものなどいくつかの種類があり、夏の紫外線がすべての原因というワケではありません。

1

種類によって異なるシミの特徴・原因・形状

肝斑(かんぱん)

頬や鼻、口もとなど、形状や濃淡も左右対称に現れるのが特徴のシミで、30~40歳女性が主に発症します。妊娠中やピルの服用中に多くみられ、閉経とともになくなるので、女性ホルモンが大きく関係していると思われます。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

若い頃や長期間紫外線を浴び続けてできるシミです。鼻や頬骨など少しでっぱった部分に発生しやすく、比較的丸みがあり平坦なものです。日焼けを放置すると加齢とともに増加したり、色が濃くなるものです。

雀卵斑(じゃくらんはん)

鼻や両目の周辺に出来やすく、淡褐色のシミです。遺伝的な要因で発症しやすく成長するに連れて増えたり、紫外線を浴びて色が濃くなることもあります。形や大きさにはバラつきがあるのが特徴です。

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)

タオルや手で皮膚をこすったり、服やアクセサリーで強く摩擦を受けるとできる黒っぽいシミです。特に目の周りは皮膚が薄いので、洗顔の際やタオルで顔を拭くときは優しく行うことが重要です。

光線性花弁状色素斑(こうせんせいかべんじょうしきそはん)

夏の強い日差しの下で長時間紫外線を浴びることでできるシミです。1~2mmほどの大きさで、花びらのような形をしており、肌が安定すると薄くなることもあります。また、海水浴や屋外で長時間遊ぶ際は日焼け止めを十分に塗ることをおススメします。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

シミの角化が進み、イボのように盛り上がったものです。ここまでいくと、美白スキンケアでは効果はなく、レーザーで削ったり焼いたりして除去する方法で治療します。

これらのほかにも、遅発性両側性太田母斑や炎症性色素沈着、赤じみ、など様々な種類のシミがあります。特徴や原因が異なると、治療法もそれぞれ違います。シミを治療するためには、まず自分のシミがどんな種類なのかを理解することが重要なのです。