睡眠でストレス解消をしながら美肌に

美肌には、ストレスが大きな損害を与えているということは、よく知られています。ストレスは、体内に活性酸素を発生させてしまいます。活性酸素は普段から体内に、ストレスに関係なくあるものでが、ストレスを溜めることによって、余計に多く発生してしまいます。

ストレスの溜め込みが少なければまだ対処しきれますが、溜め込みが多くなれば対処ができなくなってしまいます。対処しきれなくなると、外部に見える影響が出てきてしまいます。

活性酸素の働き

活性酸素は、いくつかお肌に悪影響を与えます。

・お肌の老化
・免疫力の低下による肌荒れ
・ニキビ
・吹き出物

以上のような症状が発生してしまいます。また、これらの症状がさらに悪化しやすくなったり、長期化したりということもあります。ホルモンバランスの崩れなども加わりますと、さらに大きなお肌に対する影響が生まれてしまいます。

ストレスと睡眠

21
睡眠は、ストレス解消に大きな役割を果たします。実は人間は誰しも、寝ている時に多少なりとも歯ぎしりをしています。その歯ぎしりは、一定の範囲内でしたら問題がありません。それを行うことによって、かえってストレス解消になるのです。

また、眠ることで脳がリラックス状態になり、真のストレス解消が図られます。活性酸素の発生が睡眠によってだいぶ抑えられることになります。もちろん、睡眠以外のストレス解消方法も考えることが必要です。好きなことを積極的に行ってストレスを除去するのも良いでしょう。