美肌になるためにも必要な睡眠時間

美肌になるために、どうしても必要になるのが睡眠時間です。食事や化粧品などに気をつける、という美肌対策を行う方は多いです。しかし、睡眠については、あまり考えていない方もいるでしょう。
19
実は、お肌と睡眠の関係性は、かなりあります。しっかりとした睡眠がとれていないと、お肌が荒れてしまうこともあります。

睡眠時間が足りないと起きる現象

睡眠時間が足りないと起きる現象として挙げられるのが、ストレスです。睡眠は、ストレス解消に欠かせない存在となり、睡眠時間が足りなくなると、ストレスが解消できなくなってしまいます。

ストレスがたまると…
胃や腸が大きなダメージを受け、そのダメージがお肌に表れてきてしまいます。お肌が荒れやすくなったり、ターンオーバーが乱れたりといった直接的な悪影響も生まれやすいでしょう。

睡眠時間は5時間~6時間は必要

お肌のために、しっかりと睡眠時間を取ろうと思いましたら、まずは”寝だめ”という考えを捨てることです。週末に10時間程度寝て平日は4時間程度しか寝ない、という方も多いでしょう。これでは「平日はお肌が荒れていて週末だけお肌の状態が良い」ということになりかねません。

しかも、そのくらいの睡眠しかとれないと平日にストレスがかなり高まります。そして寝だめしたからと言ってストレスは解消されません。

 お肌にとって必要な睡眠時間は、少なくても5時間以上です。できれば、6時間程度の睡眠時間は必要です。ですので、早く寝るということを、まずは意識してみましょう。お肌のためと思えば、早寝についても実践出来るのではないでしょうか。

成長ホルモンと睡眠の関係性

睡眠では、成長ホルモンも分泌されます。しかし、その成長ホルモンが分泌されるまでには、3時間ほどかかると言われています。

1日の睡眠時間が3時間や4時間では、成長ホルモンがほとんど分泌される前に、起床していることになります。お肌を綺麗にするために、成長ホルモンは重要です。やはり、美肌になるためにも毎日5時間~6時間はしっかりと、睡眠をとりましょう。