目から入る紫外線に注意!美白対策にはサングラスも必需品

美白とサングラスと言うと、少し意外に感じられる方も多いでしょう。確かに、美白というものはお肌を守るためのものです。目については特に何も行わないのが一般的です。

18
 しかし、近年になって大阪市立大の研究チームによって新しい発見がありました。大きな新聞に掲載されたのでご存じの方も多いでしょう。実は、目に入った紫外線により日焼けが起きてしまうということが分かったのです。

目から日焼けをするメカニズム

目に入った紫外線が、なぜお肌の日焼けに関わるのかと言いますと、目に入った紫外線でも、メラニン色素が発生するからです。メラニン色素は日焼けの原因になります。目に入った紫外線により、メラニン色素が発生して肌を黒くする、という現象につながってしまうわけです。

目に入った紫外線は、角膜に細かな炎症を起こします。これは、特に健康に影響がないことも多いのですが、その炎症を身体は紫外線の刺激と感じます。紫外線から体を守るために、身体にメラニン色素を出すように命令をかけてしまいます。その結果、日焼けが起こってしまうのです。

目から入る紫外線を減らすためのサングラス

そこで、目から入ってくる紫外線を減らして、美白を守るためにもサングラスを利用します。しかし、ただのサングラスではいけません。UVカット加工がされたサングラスを利用することがお勧めです。

紫外線対策がされていないサングラスでは、思った以上に紫外線を通してしまいます。UVカット加工がされているものを選んで利用しましょう。また、サングラス以外にも、一般のメガネでUVカット加工がされたレンズが採用されているものもお勧めです。そちらもサングラス同様の効果があります。