洋服の色や素材で美白対策

美白対策として、紫外線を除去することは非常に大切なことです。しかし、実は洋服を着ていて露出をしていない部分でも、紫外線が皮膚に入ってきてしまう、ということはご存じでしょうか。基本的に、洋服を着ている部分が絶対に安全であるかと言えばそうでもありません。
cloth_longt
ではどういった服装なら紫外線を除去できるのか、どういった服装なら紫外線が入ってきてしまうのか、という部分をチェックしてみましょう。

洋服の色と紫外線について

洋服の色と紫外線は、関連性があります。色によっては紫外線を吸収し、お肌に通してしまうことがあるのです。具体的には以下の通りです。

・紫外線を通しにくい色…ブラック、ターキス、イエローなど

・紫外線を通しやすい色…ピンク、オレンジなど

・最も紫外線を通しやすい色…ホワイト

以上により、ホワイトカラーの服装は、夏にはあまりお勧めできないことになります。

洋服の素材と紫外線について

洋服の素材も紫外線に関連します。素材として紫外線を通しにくいものでは、“紫外線を遮断する繊維“というものが最も紫外線を通さないと言われています。紫外線対策用に作られたものなので安心です。その他、以下のようになっています。

・紫外線を通しにくい素材…ポリエステル、ビニロン、羊毛など

・紫外線を通しやすい素材…絹、綿、レーヨン、ナイロン

以上の点を含めて考察すると、美白を守るためには、ホワイトの色合いで絹や綿、そしてレーヨンやナイロンの素材のものは、危険ということになります。特に紫外線の厳しい季節は、その点を理解して美白対策を行いましょう。