本当はどれがおすすめ?美白クリームの正しい選び方!

美白や美肌のためには決して欠かす事のできない栄養素が「ビタミン」です。ビタミンはそれぞれ以下の役割を持ってくれます。

cream-194126_640

 ビタミンA 皮膚や粘膜を正常に保つために欠かす事のできない栄養素
 ビタミンB 肌の細胞の成長や再生の促進に必要不可欠
 ビタミンE 活性酸素を抑制してくれる他、血液循環を高めてくれるので、肌の新陳代謝を促進
 ビタミンC 女性の肌にとっては天敵である“メラニン色素”の生成・増加を抑制

細胞の成長・代謝・メラニン色素の抑制など兎に角肌を健康的に保つにはどのビタミンも必要不可欠です。特に透き通るような澄んだ美白肌を目指すのなら、これらの栄養素を欠かすことはできません。

特にメラニン色素を抑制するビタミンCに注目です。しかし、ビタミンCは分子構造上直接角質層から内部に浸透させるのが難しいので、ビタミンCを角質層下へ浸透させる美白クリームの選び方を紹介します。

おすすめの美白クリームランキング

 サエルホワイトニングクリーム
サエル

敏感肌の方は使えない商品も多いのですが、サエルは敏感肌さん用の美白クリームです。お肌にしっかりバリアをはりながら、自然の美白成分でしっかりとお肌を白くします。

 有名人愛用のメディカルスキンケア【AMPLEUR(アンプルール)】

皮膚科の先生が作ったおすすめの美白クリームです。見た目年齢に差がつく!今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白!

美白クリームを活かすために知っておいてほしいこと

 水溶性と油溶性について

「化粧水」は水分を角質層の中に浸透させてうるおいを保つために使用するものです。角質層を超えてその奥へと浸透することはありません。

もし角質層があらゆる水分を体内に入れてしまったらお風呂に入った時などに大変なことになってしまいます。

栄養素を含んだ美容液は化粧水と違い、狭い角質層の隙間を通って基底層まで栄養を運びます。角質層は油溶性のものはわりと通してくれます。

ビタミンAやEは物質自体が油溶性なので、順調に角質層下に浸透してくれます。

ところがメラニン色素を抑制してくれるビタミンCは水溶性ビタミンなので、そのままでは角質層で止まってしまい、メラニン色素まで浸透してくれません。

というわけで、ビタミンCは「ビタミンC誘導体」というものに分子構造を変えて乳液などに含まれています。

あまり油性に偏ってしまっても逆に吸収率が悪くなってしまうので、決して油性に傾き過ぎず、水溶性と油溶性の間くらいのものが浸透には効果的です。

皮膚科が推奨する美白ケアのクリームは「ハイドロキノン酸」「トレチノイン」です。

これらは以前、医療機関でのみ扱われていた外用薬なので、極端な使用は逆に肌を傷めてしまう事があります。

かなりのディープピーリング効果があるので角質の剥離を促します。あまり使いすぎると角質層ごと削ってしまい美白を通り越して赤くなってしまいます。

歯のホワイトニングで例えるならば研磨剤を含んだ歯磨き粉で磨きすぎてしまいエナメル質まで削ってしまうのと同義です。

全体的な色素の抑制にはビタミンCを配合した美容クリームが適しています。化粧水を角質層がふやけるくらい施せばビタミンCの浸透が良くなります。

化粧水と美容クリームを上手く使って効果的に角質層の奥へと運んでください。医薬品の仕様は特にひどいシミなどに使用することをおススメします。