目から受ける刺激が美白を阻害する!?外出時はUVサングラス&眼鏡が必須

最近ではUVカット素材のTシャツや手袋、化粧品などが数多く販売されています。なかには、サングラスやコンタクトレンズ、メガネなど身につける全てのものにUV加工がされていますよね。

15

肌が直接紫外線の影響を受けるのを防ぐために、化粧品やTシャツなどにUV加工が施されているのはよく聞く話です。今回は、サングラスやコンタクトレンズ、メガネなどのUV加工がされる理由をご紹介していきます。

”美白と目の関係”
肌の美白を目指すためには、目を紫外線から守る必要があります。なぜなら、目が紫外線をキャッチする肌が日焼けをしたように黒くなってしまうからです。目に紫外線が当たると、脳が「有害である」と判断し、体を守るためにメラニン色素を作るように皮膚に命令を送ってしまいます。このように、メラニンが作られた皮膚の色が濃くなるのです。

美白&目の健康を保つためには紫外線から目を守ることが大切

皮膚が黒くならないようには、紫外線から目を守る必要があります。肌への美白ケアや紫外線対策は万全でも、目を守らないと完全な美白は手に入りません。また、目が強い紫外線にさらされていると、目の乾燥や充血、異物感、白内障などの目の病気に陥る可能性もあります。このようなことにならないためにも、適切に目を守ってあげましょう。

紫外線から目を守るためのアイテム

 サングラス&眼鏡
最近では、オシャレなサングラスや眼鏡でもUV可能が施されているものが多くあります。

サングラスの場合は、レンズの隙間から紫外線が入らないように大きめのフレームを選び、ずれにくいものを選びましょう。また、瞳孔の開きを最小限に抑え、紫外線の侵入を少なくするために、レンズカラーは薄めのタイプがおススメです。
日差しが少ない日の外出には眼鏡がおススメです。度が入っているものから伊達眼鏡までUV加工が施されている眼鏡はたくさんあります。100円ショップでも購入できるのでオシャレの一環としても楽しめます。

15-2

 コンタクトレンズ

コンタクトを愛用している人は、UV加工のあるものを購入しましょう。若者に大人気のカラーコンタクトレンズでも、UVカット機能が備わったものがあります。

少し前までは、目の紫外線予防はあまり注目されていませんでした。美白効果や目の健康のためを思うと、少しでも目を守っていくようにしましょう。