今からでも遅くはない!輝くような白い歯になるためのステップアップ

肌の美白ケアを行う人は多いかもしれませんが、歯の美白ケアにまで手をかける人はなかなかいないでしょう。しかし、肌だけ白くて歯が黄ばんでいると少し恥ずかしいですよね。

13-2

『芸能人は歯が命』といわれるほど、芸能人にとって歯のメンテナンスは必要不可欠なものです。やはり、話したり笑ったりするとどうしても歯が見えるからでしょう。肌の美白だけでなく、歯の美白も同時に行うと、顔の印象はさらに白く美しく見えるはずです。

黄ばんだ歯を白く蘇らせるための方法

歯の黄ばみの原因は、ずばり『加齢』と『着色』です。

加齢によるもの 歯の表面にあるエナメル質は加齢とともに薄くなり、黄色く見えてしまいます。
着色によるもの コーヒーや赤ワイン、カレー、紅茶などを習慣的に食べることで、食べ物の着色成分が少しずつ歯について黄色く見えてしまいます。

●ホワイトニング歯磨き粉の注意したい点●

市販の歯磨き粉でも、ホワイトニングができるものが販売されていると思います。確かに、歯を白くすることはできるかもしれません。しかし、これらの歯磨き粉の多くは、ザラザラとした研磨剤の力で歯の表面を削って白く見せているだけで、歯を傷つけている行為なのです。そのため、このような歯のホワイトニングはおススメしません。

●ホームケアは地道な努力が必要●

歯を傷つけず白い歯をキープさせるためには、1日最低2~3回の歯磨きと1回のフロスケアを行いましょう。重層につけた歯ブラシで磨くと、食べ物などの着色が残らずキレイになります。ただ、重層は歯を傷つけてしまう可能性があるので、短い時間で磨き、力を入れ過ぎないように注意が必要です。

特に、着色料の多い料理を食べた後などは要注意です。小まめに歯磨きをし、タバコや赤ワインなど辞められそうな着色の原因は断つようにしましょう。

13-1

専門医でホワイトニングを行う場合

歯のホワイトニングは審美歯科クリニックなどでも行うことができます。費用がかさみますが、比較的すぐに白い歯を手に入れることができます。しかし、その場合も永久的な美白とはいえません。半年~1年ほどで少しずつ黄ばみが現れてくるでしょう。やはり、歯磨きや食事内容などの改善など自宅での継続的なケアが重要になります。

また、ホワイトニング治療から48時間は特に着色しやすくなっているため、着色料の多い食べ物や喫煙などは避けましょう。

肌の美白と同様、歯の美白もキープするためには地道な努力が必要だというわけです。