美白に重要な5つの方法!これさえ抑えておけば、問題ない!?

ひと昔前は、『ガングロブーム』により色黒がオシャレで最先端であると10~20代から絶大な人気を得ていました。しかし、ブームが去ると瞬く間に色白の肌が流行り始めました。

1

現在、美白には様々な方法があり、ハリウッド女優やモデルたちも必ず行うスキンケアの一つとなりました。肌が若々しく見える10~20代とは異なり、30~40代には次第に肌がくすんできたり、シミも目立つようになります。30代からの肌を若々しく保つためにも、早めの美白ケアが必要になります。

肌を白く保つための方法

 その1)肌のターンオーバーを正常化させる

シミやくすみで肌が白く見えない人は、肌のターンオーバーが衰えている可能性が大きいです。ターンオーバーは加齢とともに衰えるものですが、努力次第で正常に保つこともできます。

 バランスの摂れた食事
 適度な運動
 毎日の睡眠
 ビタミンCなどの栄養分を肌に与える

 その2)美白に効果的な食べ物を積極的に食べる

シミやくすみができる原因はメラニン色素が肌で作られていることにあります。そのため、メラニンの生成を抑える食品を摂取することをおススメします。

 ビタミンC…ブロッコリー、トマト、ホウレンソウ、人参、キウイなど
 リコピン…トマトなど
 アスタキサンチン…鮭、エビなど

1-2

 その3)紫外線対策を行って日焼けをしない

美白の大敵である日焼けは絶対に避けたいところです。日差しの強い夏はもちろん、春や秋も紫外線量が多いため、ほぼ1年中対策をとるようにしましょう。

 日焼け止めクリームを塗る
 外出時は日傘や防止、手袋をつける
 紫外線カットのカーテンや衣服を購入する

 その4)美白スキンケアは1年中!

美白成分が配合されている化粧品を選ぶと、透明感のある白い肌を長く持続してくれるでしょう。また、できてしまったシミやくすみも薄くする効果もあります。以下のような成分が優秀な美白成分です。商品裏面の成分詳細をよく見て購入しましょう。

 ビタミンC誘導体
 ハイドロキノン
 レチノイン散
 アルプチン

 その5)時にはエステも利用する

経済的に余裕がある時はエステに通うのもアリです。エステでは美白になれるマッサージやパックなどもメニューにあり、効果も抜群です。特別の日の前日や自分へのご褒美に利用してみるのもいいでしょう。