腸内環境の影響が肌に現れる!?便秘解消すると肌もキレイに変わります

便秘になったことがある女性なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか?何より女性の美の敵である『肌荒れ』です。便秘と肌荒れは切っても切れない関係で繋がっているのです。

18-2

便秘になると、体に様々な症状が現れてきます。腹痛や吐き気、体臭・口臭、新陳代謝の低下などが代表的です。詳しくはダイエットをするすべての人が知ってほしい!便秘とダイエットの深い関係周囲に不快感を与える!?便秘が続くと体臭や口臭に変化が現れるのか?を参考にして下さい。

女性が避けたい『肌荒れ』も便秘が原因!

便秘が原因で起こる症状で、女性を悩ませている症状が肌荒れです。ニキビや毛穴の開き、吹き出物など様々な肌トラブルが起こってしまいます。特に女性の月経と便秘がダブルで来るとダブルパンチで肌荒れは倍増してしまうでしょう。

なぜ便秘が原因で肌荒れしてしまうのか
便が腸内に長く停滞していると、腸内の善玉菌が減り、代わりに有害なガスを発生させる悪玉菌が増えてしまいます。すると、有害物質が血液に溶け出し、水分や血液と混ざって全身に巡ってしまうので、肌細胞が汚れてしまうのです。有害物質が肌表面に現れると、毛穴を塞いだり、肌表面を傷つけてしまい、肌荒れを起こしてしまいます。

 もう一つの原因は、便秘による自律神経の機能低下が考えられます。自律神経が乱れると、新陳代謝の働きが悪くなり、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。古い肌細胞と新しい肌細胞の入れ替わりが上手くできなくなるので、肌が荒れてしまうのです。

18

便秘だと思ったら早めに解消法を見つけること!

便秘を放っておいて悪化させると、肌荒れだけでなく全身に様々な症状が現れます。大腸の働きの低下や、浮腫み、肌荒れが悪化して湿疹やアトピー性皮膚炎などを発症する可能性も秘めているのです。決して便秘を軽く見過ごさないことがポイントです。

便秘を早く治療できると勘違いして、便秘薬や下剤を常用しないようにしましょう。便秘の元々の原因である、食事内容の改善や運動などがおススメです。

 また、便秘解消対策と同時に、肌荒れを早く治すスキンケアも行いましょう。たっぷり肌に水分を補い保湿をすることはもちろん、ファンデーションもミネラル成分豊富なものや、天然素材を使った自然の化粧品を使うことをおススメします。肌が弱っている時は、必要以上に刺激を与えないように気をつけましょう。