便秘はみんな同じじゃない!便秘の種類別解消法

『便秘』と総称して呼んでいますが、便秘にも種類があります。その種類によっては解消法が違ったりもします。気になる便秘を早く治すためには、自分の便秘のタイプを知る必要があるでしょう。

3

大きく分けて便秘には3つのタイプがある

 直腸型便秘
以下の内容に当てはまる人は直腸型便秘の可能性があります。
・便意を感じない
・外出先で便が出ない
・便が硬い
・肉類が好き
・朝食を摂らないことが多い

忙しさなどからトイレを我慢しがちな人に多い直腸型便秘。我慢することを習慣化することで、便が直腸まで下りていても、大腸への伝達が鈍くなり、排便できなくなるのです。

★直腸型便秘の解消法★

便意がある時に我慢しないことが基本になります。水溶性の食物繊維を摂ると自然な便意が促されるでしょう。また、便が腸内で硬くなってなかなか出ない場合は、できるだけ水分を多く摂るようにしましょう。便秘薬や浣腸ではなく、自然な解消法を選ぶことがポイントです。

 弛緩性便秘
以下の内容に当てはまる人は弛緩性便秘の可能性があります。
・便が太くて硬い
・ダイエットをしている
・残便感が強い
・野菜をあまり食べない
・運動不足

腸の筋肉が衰えていることで便を前に出す力が弱くなり、便意を感じにくくなることが原因の便秘です。長く腸内に便が停滞していることで、便がカチカチになり更に出にくくなります。

★弛緩性便秘の解消法★

海藻類などの水溶性の食物繊維と、根菜類やきのこなどの不溶性の食物繊維を摂取すると、腸に刺激が加わり、便を前に出す力が促されます。また、腹筋運動や腸マッサージなどで腸を動かす動作を行うと更に効果的です。

 痙攣性便秘
以下の内容に当てはまる人は痙攣性便秘の可能性があります。
・仕事や家庭でストレスを感じている
・睡眠不足ぎみ
・コロコロした硬い便が出る
・腹痛がよくある
・食欲不振

弛緩性便秘とは逆に、便を前に出す力が強すぎることで起こります。これは、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れ、腸が過敏に反応し、痙攣した状態が続きます。便秘と下痢を繰り返す人も多いそうです。

★痙攣性便秘の解消法★

カフェインや香辛料の多く含む食べ物など、刺激の強いものは控えましょう。また、不溶性の食物繊維は腸を刺激するので摂り過ぎに注意が必要になります。ストレス解消法をまず見つけ、水溶性の食物繊維を食べるように心掛けるようにしましょう。