便秘の確率が高い妊婦!それでも薬を飲めないとどうしたらイイの?

妊娠すると今まで起こらなかった症状が現れることがあります。また、様々な制限も同時にされます。少し大変な妊婦の便秘生活についてご紹介します。

2

「味覚の変化」「浮腫み」「イライラ」…など妊娠すると今までとは違った心身の症状が現れてきます。便秘もその一つです。

”どうして妊娠すると便秘になりやすくなるの?”
お腹の中で赤ちゃんを育てるためには水分や栄養が必要になります。母親が取り入れた水分が赤ちゃんの所へ流れていくため、母親の体が水分不足になり便秘になってしまうのです。また、臨月近くなると子宮が骨盤に入り込むほど大きくなるため、腸が圧迫されて便が出にくくなることも便秘につながります。

しかし、ここが妊婦の悩みどころです!
妊娠すると薬を飲んではいけないのです。できることなら薬で簡単に便秘を治して出産に挑みたいですよね。

便秘解消の薬を飲んではいけない理由

『妊娠中は薬の使用に十分注意する』という認識があると思いますが、それは便秘薬や下剤も同じです。市販の便秘薬には、センナやダイオウなどの子宮収縮作用のある物質が含まれています。これは早産や流産を引き起こす危険性があります。不注意に多量に服用すると取り返しのつかないことになるので、便秘の際はかかり付けの医師に相談しましょう。

便秘薬以外で妊婦の便秘を解消する方法

 

・食生活の改善
積極的に水分を摂取しましょう。冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまうので、常温の水やお茶がおススメです。また、食物繊維豊富な食材や野菜、ヨーグルトなどの乳酸菌もおススメ。オリゴ糖は食事や飲み物に混ぜると便秘解消すると評判です。100%天然素材のオリゴ糖を選ぶようにしましょう。
2-2

 

・マタニティヨガやウォーキング
便秘には運動が良く効きますが、妊娠中は激しい運動や腹筋などはできません。マタニティヨガやマタニティビクスは、妊婦を対象としているので安心して行うことができます。また、毎日30分程度のウォーキングを取り入れるのも効果的です。妊娠中の運動不足も防止できるでしょう。

 

妊娠中はアルコールやタバコはもちろん、カフェインの摂取にも制限があります。それだけ、母親が体に取り入れたものが胎児に影響があるということを覚えておきましょう。