タイプ別に紹介!効果的なスキンケアの方法

3種類の肌のタイプごとにピッタリのスキンケアの方法をご紹介しています。

016

脂性肌

肌に水分も油分も多いため、皮脂が詰まってニキビができやすいのが脂性肌。自ら分泌する油分が多いので、乳液や保湿クリームなどの油分は使用しない方がいい場合も多くあります。しっかりと洗顔し、あぶらとり紙やティッシュで、余分な皮脂を取り除くのが重要です。

 肌トラブルが多く、スキンケアに手間のかかる脂性肌ですが、シワができにくくハリのある肌を保てるため、年齢を重ねても若く見えやすいというメリットもあります。

乾燥肌

乾燥肌の人は、肌を守ってくれる角質層が傷んでいると考えられます。油分が少なく、保水力がないため常に水分も不足しています。乾燥に伴いかゆみが生じる場合もありますが、掻くのは絶対にNG。

角質層にさらにダメージを加えることになってしまいます。肌にやさしい洗顔を心掛け、自分に合った保湿クリームや乳液で、肌に潤いを与えてください。

 また、乾燥肌の人は化粧品やケア用品でかぶれるなどのトラブルが起こりやすいので、異常を感じたらすぐに皮膚科医に相談しましょう。

混合肌

混合肌は、Tゾーンは皮脂の分泌が多く、頬や口の周りは乾燥するという、脂性肌と乾燥肌の両方の特性を持ったタイプです。この肌の人の注意点は、Tゾーンの油分を落とすために洗顔をしすぎることで、乾燥肌部分の角質層がさらにダメージを受けて乾燥してしまうことです。

ワンポイントアドバイス
肌の部分によって洗顔方法や保湿法を変え、どちらにも適切なケアをすることが必要です。