スキンケアの3つの落とし穴!

スキンケアを頑張っているのに美肌になれない、という人は根本的な間違えをしている可能性もあります。美肌になれない落とし穴を3つご紹介します。

014

「保湿力が高い」が正解だと思っている

しっかりとスキンケアに取り組んでいるのに美肌になれない理由として、「保湿力が高い」「しっとり」といった言葉に過剰な信頼を置いていることが考えられます。

もちろん、美肌の基本は保湿で、潤いを与えることは重要です。しかし、それも自分の肌のタイプに合わせた保湿でなければ意味がありません。脂性肌や混合肌の人が、乾燥肌用のしっとり保湿剤を使えば、肌の油分が多くなりすぎて、かえって肌荒れを起こしてしまうのです。

 スキンケアに万人共通の正解はありません。きちんと自分の肌の特性を知り、自分に合ったケアを心掛けましょう。

手を清潔にしていない

肌には気を使っていても、手には無頓着な人、多いんじゃないでしょうか。肌というのは少しの汚れや傷にも敏感に反応してしまうもの。

 爪が伸びていたり、手が不潔な状態のまま触れてしまうと、それだけで美肌からは遠のいてしまいます。洗顔やスキンケアの前はもちろん、普段から手は清潔にしておくようにしましょう。

スキンケアに凝ることで満足している

高価な美容液や、時間をかけたスキンケアなど、肌に手間暇をかけるだけで満足していませんか?肌も身体の一部です。いくら肌を直接ケアしていても、生活習慣が乱れて体内の環境が正常でなければ、到底美肌は手に入りません。

ワンポイントアドバイス
洗顔や保湿ももちろん大切ですが、食生活、睡眠、運動などの生活習慣も見直し、体内からキレイになれるよう心掛けてください。