良質な睡眠が美肌を作る?

良質な睡眠は美肌を作るのに欠かせません。睡眠によって美肌が生まれるメカニズム、理由についてご紹介します。

006

睡眠不足だと肌が荒れる?

忙しくて十分な睡眠時間がとれなかったり、熱く寝苦しい夜でなかなか寝付けなかったりすると、肌に悪影響が出てくるというのはご存知ですよね。睡眠不足は美肌の敵。

 質の良い十分な眠りは、美しい肌を保つための必須条件です。それでは、なぜ眠りが肌にとって大切なのかを見ていきましょう。

眠っている間に皮膚が生まれ変わる

人間の細胞は、生きている限り常に生まれ変わっています。それは肌でももちろん同じです。古くなった皮膚の細胞に、新しい細胞がとって替わることで、紫外線などのダメージを受けた皮膚も、ターンオーバーすることができるのです。そして、この細胞の生まれ変わりというのは、人間が眠っている間に行われます。

 日中は脳への血流が多いのに対し、睡眠中は副交感神経が優位になり、内臓や皮膚へと血が送られるのです。このとき、肌は栄養をもらうことができるため、再生するのです。

睡眠中は新陳代謝が上がる

身体の新陳代謝を促すはたらきのある成長ホルモンは、眠っている間に多く分泌されるということは、知っている方も多いかもしれません。これは、代謝がよくなるのは睡眠中ということです。

 眠っている間に、昼間ダメージを受けた身体の疲労回復や補修が行われます。皮膚の補修ももちろんそのひとつです。

ニキビ、肌老化にも効果的?
ニキビ等の肌トラブルを解決し、シワやたるみといった肌老化を防ぐには、十分に睡眠をとって、成長ホルモンを分泌させる必要があるのです。