日焼けした後のスキンケアで肌ダメージを最小限に止める

日焼けした後でも大丈夫!日焼け後のスキンケアで、肌ダメージは大きく変わります。そんなケア方法をご紹介します。

001

日焼けしたら肌の保湿を

日焼けは一種のやけどです。日常生活の中で対策を講じることが必要ですが、それでも日焼けをしてしまったとき、少しでも肌へのダメージを抑えるためにするべきことはなんでしょうか。

 アフターケアとして、最も大切なのは、しっかりと保湿することです。日焼け後の肌は、紫外線の効果によって保水力が落ち、水分を保つことができなくなっています。たっぷりの化粧水と乳液や保湿クリームで、肌を保湿するようにしましょう。

ビタミンをしっかり摂る

ビタミンA、C、Eなどのビタミン類は、肌の健康のために大切な栄養素です。紫外線を浴びて黒くなってしまった肌のダメージを解消するには、しっかりと栄養を摂り、健康的に肌のターンオーバーを促すのが有効です。

 ビタミンCを摂ることで、メラニン色素の生成を抑制する効果が期待できます。紫外線を浴びてしまった肌に、シミやそばかすができてしまうのを防いでくれるのです。

市販の美白基礎化粧品を使う

日焼けをしてしまってあとのアフターケア用に市販されている美白クリームや美容液を使うのも、紫外線を浴びた肌のケアとして有効な方法です。こうした紫外線のケア用品には、保湿成分に加え、日焼けした肌に不足してしまっている栄養素がたっぷり入っています。

ワンポイントアドバイス
一番大切なのは日焼けをしてしまわないように予防することです。それでも紫外線を浴びてしまった場合には、こうした様々な手段で肌へのダメージを最小限に抑えるアフターケアをしましょう。