肌の老化?!沢山の危険が潜む紫外線

紫外線には種類があり、肌に及ぼす影響は様々です。若々しい美肌を保つ方法をご紹介します。

018

色を黒くする紫外線B波

紫外線と一言に言っても、種類によって肌に及ぼす影響が違うことを知っていますか?日焼け止めのSPFで示される指標でカットしているのは、紫外線B波(UVB)と呼ばれる種類の紫外線です。

 この紫外線B波には、皮膚の色を黒くしてしまい、いわゆる日焼けを引き起こすはたらきがあります。美白を目指す女性の大敵が紫外線B波なのです。

シワやたるみを引き起こす紫外線A波

紫外線のはたらきは、肌を小麦色に焼いてしまうことだけではありません。紫外線A波と呼ばれる種類の紫外線には、シワを作ったり、皮膚のたるみを引き起こすはたらきがあるのです。

 日焼けやシミはメイクで隠せても、皮膚自体のたるみはどうしようもありません。色だけでなく、ハリのある美しい肌を保つためには、紫外線をきちんと防ぐ必要があるのです。

光老化

日常的に紫外線を浴びやすい手の甲などの皮膚と、日光に触れることのない背中やお腹の皮膚を比べると、手の甲はシワも多くゴワゴワしているのに対して、背中はすべすべですよね。紫外線の本当の怖さはここにあります。

 紫外線にさらされた時間に比例して、その部分の肌が老化してしまう「光老化」が起こるのです。日焼けで赤くなったり黒くなったりした肌は時間がたてば元に戻りますが、光老化はダメージの蓄積なので、悪化していく一方なのです。

ワンポイントアドバイス
日光によって肌の老化が進むのを食い止めるには、紫外線対策を常にし続けることが重要です。