日焼け止めの違い!

美白を作るために欠かせない日焼け止めクリームの違いについてご紹介します。

016

SPFって一体なに?

日焼け止めを選ぶとき、おそらく誰もが比較の基準とする「SPF」という値がありますが、一体なにを意味しているのか、きちんと知っていますか?

 「SPF」は「Sun Protection Factor」の略で、紫外線B波(UVB)をカットする力についての指標を示しています。

強い日差しを防げる指標ではない!

「SPFの数字が大きければ、南国や海辺の強い日差しを防げる」と思っているならば、それは勘違いです。SPFは、何もつけずに20分間、紫外線を浴びた場合に比べて、その日焼け止めを塗ると日焼けが始まる時間を何倍くらい遅らせられるかを示しています。

 つまりSPF30の日焼け止めであれば、20分×30=600分の間は日焼けを抑えることができるというわけです。

PAって一体なに?

SPFと同じく、紫外線を防ぐ指標となるPAという表記があります。これは「Protection grade of UVA」の略です。紫外線B波が肌を黒くするのに対し、紫外線A波(UVA)は日焼けだけでなくシワや皮膚のたるみを引き起こします。

 PAは、この紫外線A波を防止する力を示しているのです。アンチエイジングに興味のある女性には、気になる値ですよね。

PAの表記の仕方

SPFが数字で表記されるのに対し、PAは「PA+」のように書かれているので、ちょっとわかりづらいですよね。PAの紫外線カット効果は、弱い方から+、++、+++、++++のように+の数で表されます。

 普段の生活ではPA++くらいで十分です。

     
正しい知識を持って、自分に合った日焼け止めを選んでくださいね。