カカトもスキンケアは大切

カサカサになりがちなかかとですので、角質ケアが欠かせません。そんなかかとのケア方法をご紹介します。

011

かかとの皮膚はなぜ固くなるの?

冬はもちろんのこと、サンダルを履く夏にも、ガサガサかかとに悩む女性は多いと思います。かかとの皮膚は、他の部分と比べ物にならないくらいぶ厚く、固いですよね。一体どうしてこんなにも固いのでしょうか。

 その秘密は『角質』です。皮膚に刺激が加わると、自分自身を守るために角質が厚くなるのです。かかとは体重がかかり刺激の多い部位ですので、こうした理由で角質が厚くなり、ガサガサかかとになってしまうのです。

かかとのケア方法

かかとの厚くなりすぎた角質をとるためには、軽石や市販のかかとケア用のやすりでまずは削りましょう。乾燥させたかかとを削ります。

そとあと、保湿クリームをたっぷり塗り込み、靴下を履きましょう。これで、かかとに潤いを与えて、皮膚をやわらかくすることができます。

 この習慣を定期的に続ければ、つるつるのかかとを手に入れることができます。

普段の生活でかかとをつるつるに

 かかとをきれいに保つために、日常生活の中でできる最も簡単な方法はずばり「サンダルを履くのを控える」ということです。

サンダルは、紫外線に晒されるのはもちろん、地面近くの様々な刺激にかかとを無防備に晒すことになるので、かかとがガサガサになる大きな原因のひとつです。

ワンポイントアドバイス
お出かけでファッションとしてサンダルを履くときは仕方がないですが、靴を履くのが面倒だからちょっと近所までサンダルで…といった場合は、きちんとかかとを隠す靴を履くようにしてください。