スクラブの正体

角質や汚れを落とすのに欠かせないスクラブの正体と使い方を紹介します。

010

スクラブって何?

ボディスクラブ、洗顔スクラブという言葉はよく聞きますが、「なんとなく肌によさそう」というイメージだけで、実際にどういうものか知らない人も多いのではないでしょうか?

洗顔スクラブとは、肌の古い角質や汚れを落とすための、研磨剤、角質除去剤の入った洗顔料のことを言います。細かい粒のようなものが入っていて、それで肌を磨くという仕組みです。

 普通の洗顔料の泡では入れないような小さな毛穴の奥に、スクラブの微小な粒が入り込み、毛穴の汚れを落としてくれます。

スクラブは肌に悪い?

洗顔の際、特に気をつけなければならない肌の大敵は摩擦ですよね。しかし、スクラブはその摩擦で毛穴の汚れを落としています。つまり、肌のダメージと隣り合わせにあるということ。

 スクラブでの洗顔をやりすぎると、角質が厚くなってしまって毛穴が詰まりやすくなったり、皮脂を落とし過ぎて乾燥肌やニキビの原因になってしまいます。必要以上に肌をこすれば、かえって肌を傷めてしまうことになるので、スクラブでの洗顔は週に1回程度に抑えておきましょう。

スクラブで美肌を

スクラブの仕組みがわかっていただけたでしょうか。スクラブは、必要以上に使いすぎると肌を傷める原因にもなりますが、正しく使えば、毛穴の黒ずみや固くなった角質を落としてモチモチ肌にしてくれる、女性の強い味方です。

     
正しい使い方を実践して、磨き抜かれた美しい肌を手に入れてくださいね。