コットンのメリットデメリット

化粧水などを染み込ませて使うコットンですが、メリットデメリットがあります。

005

コットンで化粧水をつけるメリット

化粧水をコットンに染み込ませて使う一番のメリットは、やはり肌にまんべんなく化粧水をつけることができることでしょう。手のひらで十分な量の化粧水をつけるのには時間がかかる上に、部位によってむらができてしまいます。

 肌に必要な水分を補給するために、コットンに染み込ませてパッティングするのはとても有効なのです。

コットンで化粧水をつけるデメリット

コットンで化粧水をつける際、気をつけなければいけないことがひとつあります。それは、コットンを決して肌に擦りつけないこと。コットンの表面は摩擦力が高く、少し擦りつけるだけで肌に大きなダメージを与えてしまいます。

 摩擦はシミやしわの原因にもなりますので、絶対に避けたいですよね。あまり強くたたき込む必要はありませんので、やさしく染み込ませるつもりでパッティングしてくださいね。

コットンを使うべき化粧水と手で塗るべき化粧水

コットンを使う方がいいか手を使う方がいいのかというのは、実は化粧水によって違います。手の体温で温められることを想定した化粧水、特にトロトロととろみのある化粧水は、手で塗るのが最も効果があります。コットンに染み込みやすい粘度の低い化粧水であれば、コットンを使うのが効果的でしょう。

どうやって判断したらいいの?
適した塗り方は、必ず化粧水本体に説明が書いてありますので、その化粧水に適した正しい使い方をして、美しい肌を手に入れてくださいね。