3種類の保湿剤の働きと使い方

保湿剤にはいくつか種類があり、それぞれの効果も異なります。それぞれの特徴に注目し、使い方を紹介します。

004

化粧水

化粧水はその名の通り、洗顔と、洗顔後に顔を拭くことで奪われた水分を補給してくれます。化粧水を使わないと肌が乾燥してカサカサになってしまうのはもちろん、肌の水分が少ないままだと、肌が自ら皮脂を分泌してしまい、テカりやニキビの原因となります。

 肌の状態を整えるために、洗顔後には、必ず化粧水で水分を補給するようにしましょう。

乳液

乳液は、化粧水よりも少し多く油分の含まれた保湿剤です。化粧水で潤いを与えたあともじわじわと水分を補給しつつ、油分の膜で水分の蒸発を防ぐはたらきをしてくれます。ですので、化粧水で水分を与えて肌を整えてからつけるようにしてください。

 顔全体に伸ばして油分の膜を作ることで、ファンデーションの化粧乗りもよくなることが期待できます。化粧水をつけたら、必ず乳液でフタをするようにしましょう。

保湿クリーム

保湿クリームは、油分が多く含まれた保湿剤です。乳液と主なはたらきは同じですが、油分が多いため、より強い保湿効果が期待できます。乾燥肌で肌の油分が少ない人は、化粧水で肌を潤した後に保湿クリームを塗ることで、水分の蒸発を強力に防ぐことができます。

 油分が多いため、乳液よりも乾燥をはじめとする刺激から肌を守ってくれるはたらきもあるのです。

使えば使うほど効果があるの?
保湿クリームは塗りすぎると肌のべたつきや化粧くずれの原因にもなる可能性があるので、そうした場合は夜のみ保湿クリームを塗るようにして日中のべたつきをおさえましょう。