泡で洗顔するポイント

洗顔が肌に思わぬダメージを与えることがあります。ダメージの軽減方法についてご紹介します。

003

洗顔の摩擦は大きなダメージ

洗顔をするとき、手や指で肌をこすると、泡が付いていても摩擦が生じます。この摩擦が、実は肌に大きなダメージを与えているのです。その影響は多岐にわたり、刺激によってメラニンが色素沈着を起こして黒ずんだり、皮膚が引き延ばされることでシワになったりします。

 どんなにいい洗顔クリームを使っていても、洗い方が正しくなければ洗顔の度に肌にダメージを与え続けることになるのです。

泡立てることで摩擦を軽減

摩擦の少ない洗顔のためには、洗顔クリームや石鹸をよく泡立てることが有効とされています。ただ手を洗う時のような泡立て方では不十分。片手のひらに洗顔クリームをのせ、少しずつお湯を足しながら丁寧に時間をかけてきめの細かい泡をつくることが大切です。

たっぷりと泡を作ったら、泡だけで顔を洗います。自分の手が肌とこすれないくらいやさしく洗うのがポイントです。

 やわらかい泡は刺激が少なく、肌にダメージを与えることなく洗顔をすることができます。

泡立てネットは要注意

きめの細かい泡を作ることのできる便利グッズとして、泡立てネットが有名ですね。手早く簡単に泡を作ることができるので、洗顔の際の強い味方です。

 しかし、この洗顔ネットは気をつけないと、バイ菌の巣窟となってしまいます。どんなにやわらかい泡でも、不潔なネットで作れば当然肌荒れの原因です。

どうやって使ったらいいの?
こまめに洗って干すようにし、定期的に取り換えて清潔に保つようにしましょう。