洗いすぎると肌へのダメージに?!

美肌を作るために洗顔を頑張られている人もいらっしゃいます。しかし洗顔しすぎると思いもしないダメージが潜んでいます。

002

洗顔しすぎの落とし穴

ニキビや吹き出物の大敵は、肌の汚れや皮脂。だからついつい、何回も洗顔したくなる気持ちはわかりますが、それは大きな間違い。

 1日に何回も顔を洗うことで、肌に大きなダメージを負わせることになってしまうのです。

洗顔の摩擦自体が大きなダメージ

顔を洗う時に、手のひらや指が肌とこすれる摩擦は、私たちが想像する以上に肌にダメージを与えています。洗顔クリームや石鹸をいくら泡立てても、やはり少しは肌に摩擦を与えてしまうので、少しずつダメージか蓄積されていくのです。顔を洗いすぎて、逆に肌を悪くしていませんか?

油分が奪われて肌荒れの原因に

必要以上の洗顔は、余計な皮脂や汚れだけでなく、肌に必要な油分まで洗い流してしまいます。乾燥してカサカサ肌になるのはもちろんのこと、これがテカりやニキビの原因となることを知っていますか?

 必要な油分を奪われた肌は、それを取り戻すために自ら皮脂を分泌しようとします。こうして肌がテカったり、皮脂が詰まってニキビになったりするのです。洗顔しすぎることで、かえってあぶら肌を助長しているかもしれませんよ。

洗顔は1日2回まで

肌の汚れを落とすことと、肌にダメージを与えないことの両方のバランスを考えると、最適の洗顔回数は、1日に2回まで。人によっては、朝は洗顔クリームを使わず水で表面の汚れを落とすだけで十分な場合もあります。

       
正しい洗顔頻度で、きれいな肌を保って下さいね。