今までの結果が出る40代!スキンケアをしてきた人としてこなかった人の違い

40代になると、それまでのお肌の手入れの歴史によって全然お肌の状態が違ってきます。スキンケアをしてきた40代と、スキンケアをしてこなかった40代ではかなりの違いが出るはずです。同い年であっても見た目年齢が全然違ってくる肌年齢。どれだけの違いがあるか比べてみましょう。
skin_19

スキンケアをしてきた40代

 スキンケアをはじめた年齢 16歳
・10代の頃 洗顔を一日2回以上、化粧水だけのスキンケアで19歳まで
・20代の頃 20代になると乾燥が気になるので、乳液も追加
・20代後半になると美容液も追加

自分の肌質をチェックするために肌チェックに行ったり、自分に合ったスキンケア用品を探す日々

 

 現在42歳
・ほとんど顔のシワもまだ発生していない
・肌トラブルはナシ

スキンケアをしてこなかった40代

 スキンケアをはじめた年齢 20歳
・洗顔と化粧水、乳液を周囲がしているからという理由でするようになる
・とにかく安いものをと、ドラッグストアでそのとき安いものをとりあえず購入
・一応、毎日つける

乾燥肌だけどオイリー肌でもある。しかし、なんの対策もせず。日焼け止めも塗る習慣はなく、夏になるといつも真っ黒に。

 

 現在42歳
・ほうれい線がくっきりと発生し、目元の小じわがすごく目立つ
・肌もかなり黄色い状態で色素沈着が起こっている肌
・乾燥とオイリー肌の2面性は年々酷くなり、オイリー時にはかなり顔がテカる

このように、スキンケアをしてきた40代と、スキンケアをしてこなかった40代にはかなりの違いが発生します。40代はそれまでの積み重ねが肌に結果として出るケースが多いのです。もちろんしてこなかった方の肌も、40代になってから正しいスキンケアをすることでエイジング効果を得ることができます。スキンケア、しっかりと毎日行いたいですね。