40代50代になったときのためにも大切な30代のスキンケア

スキンケアをしなくても自分の肌は健康でハリがあって…と自信を持っている方もいますよね。もちろんスキンケアをしなくても肌の弾力、ハリ、透明感など充分な方もいらっしゃいます。でも、だからといってスキンケアをしなくても良いというわけではありません。
skin_11
スキンケアをすることは、時系列的にいって「今」のためにやることがすべてではありません。「今」の肌トラブルにも、もちろん関係してきますが、毎日の積み重ねのスキンケアは将来に出てきます。

例えば、10代20代の頃からしっかりとスキンケアをしてきた方は、40代50代になったときの肌が違いますし、逆に40代50台で私の肌はスキンケアをしなくても大丈夫♪とスキンケアをしなかった方は、その後、肌が一気に老けてしまう年代に入ったときに、スキンケアをした肌とスキンケアをしてこなかった肌とではあきらかな違いが出てきます。

スキンケアだけでなく、毎日の日光に浴びる時間や生活してる場所、冬場の乾燥などそういった環境に対して肌を整え対応してきた肌は、いつも同じ状態が保たれるように努力をしてきた結果が出るようになります。

 年齢とともに、日焼けはシミになったり、日焼けが冬場には戻らなくなってきたり、一度乾燥してしまったら元に戻すのが大変になってしまったりと肌の回復能力も段々と遅れがちになり、最終的には肌の復活力はほぼなくなってしまいます。

しかし、スキンケアをしてきた肌はこの回復力に優れた肌になってくれることでしょう。肌に充分な水分と活発な肌を保つことで、肌の修復能力を保つことができます。修復能力はとても大切です。

30代に入ったらエイジングを意識して、スキンケアをすべきです。スキンケア用品は高いし、お金をかけるから良いってもんじゃないと強がってはいませんか?自分に合ったもので良いのですが、お金が高いのにはその成分など本質の意味があります。高いことには理由があると考えましょう。

いつまでも若く、なんて魔法はありませんが、できるだけ若くいることは可能です。それは、スキンケアから大きな違いを感じます。肌が老化してしまうと全体的に老けてしまいますから、肌はとても大切なのです。どんなに若い服装よりも、どんなに若いメイクよりも、ハリのある肌が若く見せてくれます。