10代と20代は違う!年代によって気をつけたいスキンケア方法

年齢によってお肌の状態が変われば、スキンケアの方法も異なります。そんな、年齢別のスキンケア方法をまとめてみました。
skin_10

10代のスキンケア

まだ10代だからスキンケアは気にしなくて大丈夫♪なんて思ってしまうのはNGです。10代だからこそ絶対にスキンケアはかかせません。10代思春期の頃は、お肌の変化が一番現れやすい時期です。

 中高生はニキビなどの肌トラブルになることが多いのです。なぜかというと、身体が大人になり始めるため、新陳代謝があがり皮脂が出やすい時期になります。ですから、スキンケアを充分に行わないと肌に皮脂や汚れが残ってしまうので、ニキビなどのトラブルになりやすいのです。

10代に必要なスキンケアは充分な洗顔です。朝と夜はもちろん、部活動などで汗をかく場合にはその後の洗顔を取り入れるなどして、しっかりと洗顔を行うことが大切です。皮脂を洗う流すことに重点をおきますが、力まかせにゴシゴシと洗うことはNGです。口元や目元など乾燥しやすい場所はやさしく洗う必要があります。

10代は油分が充分にありますから、化粧水だけで充分です。乾燥が気になるところがあれば、そのポイントに一時的にクリームなどを塗りましょう。

20代のスキンケア

20代の肌は素肌でも充分にキレイで、潤いもたっぷりとあります。しかし、当然スキンケアは必要です。20代に多い肌トラブルの原因がメイクによるものです。

メイクを長時間しすぎて毛穴に汚れが詰まってしまったり、肌にダメージを与えることが多くなります。色素沈着もおきたりしてクマやくすみが出る場合もありますので、しっかりとクレンジングをすることが大切です。アイメイクが強い場合にはアイメイク専用のクレンジング剤を使い、しっかりとクレンジングしましょう。洗顔とクレンジングは、別々に行うことが基本です。

このように年代によって気をつけたいスキンケア、しっかりと行いましょう。