敏感肌でも正しいスキンケアでツルツルお肌に

洗顔料やスキンケア剤、メイクで肌にブツブツができてしまったり、かゆみが出てしまったり、赤くなってしまい痛みが生じてしまうことも…そんな経験ありませんか?そういった方は顔に使うものを上手に選択しなくてはいけません。また、洗顔料やスキンケア剤だけでなく、スキンケアの方法にも気をつけなければいけません。
skin_09

 

 敏感肌の洗顔
洗顔料は自分の肌に合ったものを選びます。その上で、ぬるま湯で洗顔をします。熱すぎても冷たすぎても敏感肌には大敵です。ぬるま湯というのがポイントです。洗顔料をつける前に軽くぬるま湯で顔をばしゃばしゃと濡らします。この時、決してこするようにしてはいけません。

洗顔料で洗うときもしっかり泡だてて、泡で洗うようにします。泡を顔に転がすような感覚で、手で肌を直接触りません。こすってしまうことは絶対にしないようにしましょう。すすぎは充分にして、額やフェイスラインに残りやすい洗顔料も落とします。もしも、残ってしまっている場合はしっかりと洗い流してください。タオルで拭くのではなく押さえつけるようにして水分を吸い取るようにします。

 

 敏感肌のスキンケア
化粧水はコットンに染み込ませて使うのではなく、手に数回にわけて取り、顔に染み込ませるようにつけます。敏感肌の原因の一つは乾燥だといわれています。乾燥しないようにじっくりと水分を数回に分けて入れましょう。コットンは肌をこすってしまうことになり、コットンの繊維が毛穴を傷つけることもあるので注意が必要です。

 

敏感肌に悩んでる女性はとても多いです。スキンケア剤や洗顔料だけでなく、行動にも気をつけてスキンケアをしましょう。