化粧水は手でつける?コットンでつける?

洗顔後に化粧水をつけることはスキンケアの中では基本中の基本です。その化粧水、みなさんはどのようにつけていますか?手にたっぷりの化粧水をつけて顔につけてパッティングをする方、コットンに充分に染み込ませ拭くように化粧水を肌につける方…といると思います。
skin_05
手でつけてしまったら化粧水が上手につかない、コットンの繊維で肌を傷つける…などいろんな説がありますが本当なのでしょうか。手でつける場合、コットンでつける場合をそれぞれ検証してみましょう。

化粧水を手でつける場合

化粧水を手でつけるときは、各製品の表記にある量を手に出します。100円玉大や500円玉大といったように表記があると思います。化粧品ブティックで購入した際には購入の際に説明を聞きましょう。

 目安量を数回に分けて手に取り、それを2、3回づつに分けて使うことで、浸透率が上がり効果的です。手のひら全体で顔を覆うようにしてつけます。額や顎、目の周りなどもつけるようにしましょう。気をつけたいのは、まんべんなくつけるということです。

 

 化粧水が肌に浸透するのを感じたら、もう一回手に化粧水を取り同じことを繰り返します。一回目に充分につけることができなかった箇所などを重点的につけましょう。手のひらだけでなく、細かい部分には指の腹も使ってつけます。

 

 顔全体に水分が残っていまいかを鏡でチェックします。水分が浮いてしまっていたら浸透していないということなので指や手のひらで押さえましょう。

 

 最後に手のひらで包んで離すと、ピタッと吸い付くような感じがあれば化粧水は浸透し、しっかりとつけることができたということです。

コットンで化粧水をつける場合

コットンの裏側まで充分に染み込むように化粧水を染み込ませます。コットンを利き手に持ち、指二本の腹部分に乗せ、顔の内側から外側に向かって軽くふくようにつけます。この時、ゴシゴシとやってしまうのはNGです。コットンは、小鼻部分や目の周りなども付けやすいので便利です。

手でつける場合は均一に付けること、コットンでつけるときには摩擦に気をつけることで、キレイに化粧水をつけることができます。どちらが良いということではなく、どちらでも正しい付け方をすることが大切です。正しいスキンケアを心がけましょう。