良い枕との出会いが首のシワを解消する!?首のケアを怠るな!!

顔だけでなく首にもシワはできてしまいます。

7

皆さん、肌のトラブルや悩み=顔だと思っていることでしょう。確かに、顔が最も見られやすく、印象が決まる場所です。顔は念入りに手入れしているのに、チラッと首元を見てみるとシワまみれ…なんて人もいるでしょう。

そこで、今回は首のシワについてまとめたいと思います。

首にシワができてしまう主な原因

 枕の高さが合っていない
高い枕を使っていると首の前が縮まり、シワができます。1日の3分の1~4分の1の時間を毎日このような姿勢で過ごしていると、そのシワが跡になって残ってしまいます。

 

 乾燥や紫外線
顔のシワと同じように、乾燥や紫外線の影響も受けやすくなります。活性酸素の増加や保湿の不足などにより、肌のターンオーバーが乱れたり、皮膚がよれることでシワが定着してきます。

 

そのほかにも、加齢によるものや姿勢、コラーゲンの減少、首の筋力や表情筋の衰えなどが首シワの主な原因となります。

なかでも、枕と保湿について詳しく説明します。

7-2

 正しい枕を選んで首のシワを改善する

首にシワを作らないためには、自分に合った枕を使用することが重要になります。枕は高過ぎても低過ぎてもいけません。最も理想となる姿勢は、直立したときの姿勢をそのまま横たわった時にとることです。枕を使って寝た時、首の傾きが約15度になるようにしましょう。
枕が自分に合っていないと、首シワだけでなくコリや頭痛なども引き起こしてしまいます。最近では、自分の体格や敷布団の柔らかさに合わせて作るオーダーメイドの枕にも人気があります。快適な睡眠と首シワの改善のためにも、自分に合った枕を見つけるようにしましょう。

 乾燥を防ぐための保湿を首全体に!

風呂上がりのスキンケアを行う際、一緒に首やデコルテラインまで保湿液をつけるようにしましょう。また、寝る前に首専用の保湿クリームを使ってケアを行うのも◎。蒸しタオルを首に巻いて保湿するのも効果があるでしょう。

首は保湿を忘れがちですが、年齢を重ねるごとにその代償がシワとなって襲ってきます。若々しい首を保つためにも、首の保湿には若いうちから力を入れるようにしましょう。