美容外科でもシワを改善する方法の選択肢は豊富!皆さんはどれを選ぶ?

気になるシワは美容外科や美容皮膚科で簡単に治療することができます。

2

詳しい施術内容は美容外科によって異なります。美容外科の特徴としては以下のようなものがあります。
 即効性が期待できる
 保険適応外のため高額費用

『目を二重にしたい』『胸を大きくしたい』『鼻を高くしたい』『小顔になりたい』と願えば美容外科ですぐに施術を受けることができます。最近では、整形していてもおかしくない時代になりつつあります。

美容外科や美容皮膚科にある代表的なシワ治療はこのような種類があります。

 注射などを使う方法
 メスを使う方法
 糸を使う方法
ほかにもレーザー治療やローラーを転がしてシワを除去するような施術方法もあるようです。通院する美容外科の施術内容はよく確認するようにしましょう。

利用する人が多いヒアルロン酸注入やボトックス注射

注射や点滴などを用いる方法は、仕上がりがナチュラルで傷跡が残らず、手軽に施術できます。肌の潤い成分であるヒアルロン酸の注入によりハリを取り戻し、ふっくらした肌に生まれ変わることができます。注入する量によって費用は前後しますが、1万~4万と比較的安価になります。しかし、ヒアルロン酸は少しずつ体に吸収されていくので、通院してヒアルロン酸を打ち続ける必要があります。

メスを使ってシワを伸ばす方法

髪の生え際付近を数㎝切開し、気になるシワを後ろに伸ばす方法が代表的です。なかには下まぶたの裏側を切開して目元やほうれい線のシワを伸ばし顔全体をリフトアップする方法もあります。最近ではほとんど傷跡も目立たないような施術をしてくれるでしょう。費用は10~50万と高額ですが、その効果は半永久的に持続するでしょう。

糸や針を使ってシワを伸ばす方法

皮膚の真皮層に純糸を通すことで、血行を促進させコラーゲンやヒアルロン酸などのシワを改善する成分を新たに作り出すことができます。これにより、シワやたるみが改善することができます。これを『金の糸美容法』と呼ぶこともあります。金の糸が皮膚にある以上、効果は半永久的ですが、30~80万とかなり高額になります。