シワの原因を追及すると予防できる!ぷるぷる美肌を目指すすべての人へ

最もシワが目立つ所って顔ですよね。

1

特に女性は顔にできたシワに敏感です。どうにかシワができないようにケアを頑張っているはずです。そこでシワができない対策のとり方をいくつか紹介したいと思います。

そもそも何故、シワができるの?
シワ=加齢というイメージが強いとは思いますが、私たちの生活の中には他の原因も隠されているのです。

 加齢
 紫外線
 表情筋
 乱れた生活習慣

額や目尻、口もと、眉間などの顔に現れるシワができる原因の代表がこのような内容です。

 加齢とともに肌も年老いていく

コラーゲンや皮脂、セラミドの量が減少しハリがなくなり、ターンオーバーも遅くなります。すると肌がかさつき小じわが現れてくるでしょう。このような現象が現れる時期は個人差がありますが、30歳に入る頃にはしっかりケアをしたいものです。肌のターンオーバーを正常にするために積極的に運動をし、代謝を上げるように心掛けましょう。

 紫外線を浴びるとコラーゲンが減る!?

紫外線はコラーゲンを破壊し、ハリや弾力を奪います。日焼けをしたあと、やけにかさついた経験はありませんか?一度壊れてしまったコラーゲンを元の状態に回復させることは不可能と言われています。食べ物やドリンク、スキンケアなどで体内に再度取り入れるようにしましょう。

1-2

 表情が乏しいとシワができやすい

顔には表情筋という筋肉が無数に存在します。もちろん、使用していない筋肉は衰えます。筋肉が衰え垂れ下がってくると同時に皮膚も下がり、それがシワとなります。『感情を表す時は表情を豊かにする』ことを心掛けましょう。また、鏡の前で表情筋のトレーニングを行うのも◎です。

 睡眠不足は肌のターンオーバーが乱れる元

肌のターンオーバーは加齢とともに遅くなってきます。生活習慣が乱れているとさらに悪化するでしょう。少しでも正常なターンオーバーを保持するためにも、睡眠不足や乱れた食生活とはオサラバしましょう。規則正しい生活は、肌の再生を助けシワの予防にも繋がります。

シワができる原因は、『乾燥』『ホルモンバランス』『ダイエット』『ストレス』なども考えられます。

 シワを予防するには『正しいスキンケア』『生活習慣の改善』『肌への負担を減らす』などを、普段から積極的に心掛けることが大切なのです。