美肌の必須アイテム!ビタミンはニキビを作りにくくする

ニキビをより早く治すにはビタミン群の摂取がいいようです。

19

体からビタミンが不足すると大人ニキビができてしまう可能性があります。ニキビを作らないためにも、常にビタミン群を積極的に食べることが望ましいでしょう。薬局で売られているニキビを治療する飲み薬や皮膚科で処方される飲み薬のほとんどが、ビタミン群が含まれているものなんです。

種類別!ニキビに効果的なビタミン群

 ビタミンA
皮膚の免疫力を高めてニキビが出来にくい肌を作ることができます。また、ニキビの原因であるアクネ菌の増殖を抑える働きも持っています。レバーやうなぎ、モロヘイヤ、人参、シソなどに多く含まれています。

 

 ビタミンB1
自律神経の働きを整えて皮脂の分泌を正常化することができます。これが不足すると口周りにニキビができやすくなり、かゆみを伴う場合もあります。豚ヒレ肉や豚もも肉、うなぎ、ハム、たらこなどに多く含まれています。

 

 ビタミンB2
脂質の代謝を促進する働きや、肌・髪・爪などの状態を正常にする働きもあるため、ニキビが出来にくくなります。不足すると皮脂分泌を正常に保つことができなくなるとともに、菌への抵抗力も低下してしまいます。レバーやうなぎ、魚肉ソーセージ、いくら、納豆、すじこなどに多く含まれています。

 

 ビタミンB6
たんぱく質の代謝を促進する働きや、肌のターンオーバーを正常にする働きをしてくれます。不足すると肌のターンオーバーが乱れ、睡眠不足にも陥りやすくなります。にんにくやレバー、まぐろ、かつお、鶏挽肉などに多く含まれています。

 

 ビタミンC
体の免疫力を高めたり、肌の活性酸素の除去、コラーゲンの生成などに効果があり、ニキビ予防にも適したビタミンです。不足するとホルモンバランスが乱れ、皮脂量のコントロールができなくなります。赤・黄ピーマンやパセリ、レモン、芽キャベツ、ケールなどに多く含まれています。

 

19-2

 ビタミンB2、B6、Cは水溶性ビタミンなので、体内に蓄えることができません。1日数回に分けて摂取するようにしましょう。

これらのビタミン群を毎日積極的に摂ることでニキビを寄せ付けない肌を作ることができるでしょう。