オイリーなオロナインは、ニキビを悪化する場合も!?

オロナインがニキビも治してしまうって本当でしょうか?

18

皆さんもオロナインという薬をご存じですよね?
昔から使われ続けている薬で、傷や炎症、虫さされなど、様々なシーンで頼りになる塗り薬なんです。

そんな万能薬と言われているオロナインはニキビをも治療することができるのでしょうか?

オロナインでニキビが治る派!治らない派!

 治った人の共通点

ニキビにオロナインを塗ったところ、1日でキレイに治ったという声がありました。その人たちの多くは、赤く炎症したニキビで苦しむ人でした。また、塗り方にも注意が必要なようで、少量をニキビの上に乗せるように塗ると、早くニキビが治る確率が高くなるようです。

 治らなかった人の共通点

オロナインを塗ったのにニキビが治らなかった人は白ニキビや黒ニキビの人に多くみられました。また、元々オロナインが油成分が多く含まれているため、オイリーな肌質な人は逆に新たなニキビを作る可能性もあります。赤い炎症ニキビや乾燥・普通肌の人でも、くオロナインを多量に使用したり、すり込むように塗るとニキビは悪化してしまうようです。

オロナインで治すときのポイント

 赤ニキビであること

白ニキビは毛穴を脂分で詰まらせてできたニキビなので、油分がたっぷり含まれたオロナインを塗ると逆に増殖させてしまいます。オロナインの本来の役割でもある炎症を抑える働きで、赤ニキビの炎症を緩和させ、菌の侵入や増殖を抑えることができます。

 乾燥肌・普通肌・敏感肌であること

油分の多いオロナインはオイリーな肌とは相性が良くありません。オロナインは乾燥や刺激によってできたニキビ菌に効果があり、脂分が毛穴に詰まってできたニキビの治療には不向きなのです。オロナインはニキビを治療するだけでなく、乾燥などの肌荒れを改善する力も備わっているようです。

オロナインはニキビの種類や肌質によって、向き不向きがあることが分かりました。しかし、オロナインは決してニキビ専用薬ではありません。決してその効果を過信しないようにしましょう。